カメラのJPEGとRAW現像のJPEG

最近カメラはRAW+JPEGで撮っているのですが、
RAW現像で直せばいいからって露出とか少し雑になってるなって気付きました。

これは反省しなきゃですね。。。

人に見せる写真ってほとんどの場合、同じ写真は1パターンしか見せないと思うんだけど、
パソコンの中には実は数パターン入っている場合がほとんど。

だけどどちらも全く同じものは作れないものだと思います。
少なくとも自分にはそこまでレタッチの技術はないので。

例えば今日はこんな写真を載せてみました。

2017-05-03 鉢植え
カメラのJPEG写真

2017-05-03 鉢植え
LightroomでRAW現像の写真

特に似せようとした訳でもないのですが、明るさや色の濃さが違うのが分かると思います。

RAWも残しておくけどカメラで撮ったJPEGそのまま使うくらいの気持ちで撮ろう。
たぶんその方が上手くなるんじゃないかな。

結婚式の写真とか『その時』を撮る写真はそうも言ってられない状況もあるとは思うけど。

最近雑になってたなと反省したので丁寧に撮るように心掛けてみます。
写真の出来栄えあってのレタッチってことで。
スポンサーサイト

タグ一覧

#ドライフライ #フライタイイング #田んぼ #トラクター #農業 #パズドラ #写真 #コーヒー #釣り #鮎 #友釣り #静岡県 #桂川 #EF24-105mm_F4L_IS_USM #カメラ #メイフライイマージャー #メイフライ #ゴッドフェス #アント #テレストリアル #ハンドドリップ #コーヒー豆 #甘酒 #EOS_M3 #EF-M22mm_F2_STM #ソース #レシピ #エギング #アオリイカ #EOS_5D_MarkⅡ #伊豆半島 #グルメ #カディスアダルト #転生クシナダパーティー #モンスト #極限の闘技場【ノーコン】双極の女神1 #アントアダルト #カディス #山梨県